FC2ブログ

レトロゲーム小話≪シムシティ編≫

どうも皆様こんにちは。

本日は1989年2月2日に任天堂から発売されたスーパーファミコン版シムシティ(以後初代シムシティと記載)について書いていこうかと思います。

初代シムシティ

シムシティというのはゲーム好きの多くの方がご存知の通り、自分で街を作り人口を増やしていくというゲームなのですが、このシステムに当時の私はすっかりハマってしまいました。
ヽ(´∀`)ノ

自分だけの箱庭のような街を作り上げていくというのは少年時代の自分にとってかなり面白いと感じました。
いや、もしかしたら今も面白いと感じるかもしれませんが。
現代のPC版のシムシティはグラフィックがとてもリアルでシステムもかなり凝ったものになっているかと思いますが、この初代シムシティのシンプルさはこのゲームシステムの面白さをダイレクトに伝えてくれるのではないかと思うのです。

また春夏秋冬の四季を感じさせる演出も良かったですねぇ。(*´v`)
春は桜が咲き、冬は雪が積もり白くなる。
このちょっとした四季の演出の効果で癒されたりしていました。
桜をたくさん咲かせるためにランダムで出現する木が出るまで何度も公園を作り続けていましたよ。(^_^;)

ちなみに私はメトロポリス(人口10万人~49万9999人)までしか到達できなかったです。
街の最高ランクは人口50万人以上のメガロポリスですが、そこまで行くのは気が遠くなりますよ。
何か上手いコツでもあるのでしょうかね?(´・_・`)
それでも何とか上手く人口を増やしていく為になるべくランクの高い住宅地区(R地区)や商業地区(C地区)を作ろうと頑張っていました。
住宅地区や商業地区には

LOW→MIDDLE→UPPER→HIGH

というランクがあるのですが、これは右に行くほどその建物が建っている場所の地価が高くなり高級になっていくイメージですかね。
そしてHIGHランクの高級住宅地区や高級商業地区は、それぞれの区画が2つ隣接している場合に「TOP」というレベルにまで進化・発展し、そこにはより多くの人口が密集するという利点がありますので出来るだけTOPを量産したいのですが、それには地価という概念が深く影響する為、全てをTOPにするのは至難の業となります。
(…というより全てTOPはまず無理でしょうね…。)

しかし人口を如何に効率的に増やしていくのかというのは確かに大事な事ではありますが、何よりも自分が作っていて楽しい街作りをするのが一番なのかなとも思います。(*^_^*)
人口増加を追及し過ぎてしまうと作業が事務的になり過ぎてしまい飽きてしまいそう…。
なのでワザと空き地を作ってそこを広い公園にしたりするなど、自分だけの理想的な街の形を作っていくのも楽しいのかなと思いますね。\(^o^)/

あ~何だかまたシムシティがやりたくなってきた~!O(≧∇≦)O

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

≪えっ?ダイエットに役立つ情報サイトがあるの?→気になる方はコチラ!

30代後半での転職活動を経験して

どうも皆様こんにちは。

実は私、30代後半にしてこの度転職を致しました。
約10年勤務した前職場を辞めてから約2ヶ月間の無職期間を経て、4月からの就職となりました。

今回の転職における一番の理由としては「結婚」という事が挙げられます。

職種は伏せさせて頂きますが、前職はちょっと趣味性が高く、給料が低い水準でした。
これまではずっと独り身でしたので以前の職場の給料でもとりあえずはやっていけたのですが、今更ながら結婚をして所帯を持ち、今後の生活の事を考えると「今」転職をした方が良いと判断をし退職を決断しました。
仕事を続けながら転職活動をする選択肢もあるのでしょうが、それは私の性に合わず、また退職時は会社の閑散期でしたのでタイミング的にも良いと判断し思い切って退職をしました。

正直恐怖感はありました。
10年間続けてきた仕事と職場を手放すのは勇気がいりました。
でも、今後の家族の事を思うと何とか踏み切る事が出来ました。
これまでも退職が頭をよぎった事は何度もあります。
ただ、その時はまだ家庭を持ってはいませんでしたし、これからもっと収入が増えていくだろうと期待していたのもあり思い留まっていました。
まぁ退職を考えた理由は収入の他にもあるんですけどね。


そして何より今回の退職から就職までの就職活動期間を支えてくれていたのは妻の存在でした。
実は妻は元々同じ職場で働いていたんです。
ですので前職場の事情も良く分かってくれています。
でもきっと内心とても不安だったかと思います。
それでも常に明るく前向きに支えてくれていました。
むしろ私の方が後ろ向きで悲観的な考えを口にする事が多く、情けない夫でした…。

そして、義理の家族も妻と同じく前向きに理解をしてくれていました。

でもそんな中、実の親には退職をした事を秘密にしていました。
私の母がとても心配症で精神的に大きな負担となってしまうだろうと思ったのと、心配が故に何かと詮索されると思い、秘密に出来るならば秘密にしておきたいと思っていたからです。
もちろん今は知っていますよ。
以前の職場の事情は知っていましたので、今回無事に転職できた事をとても喜んでくれました。
ずっと内緒にしていた事には苦笑いされましたが…。


人との不思議なご縁もありました。
実は妻の現在の職場の会長さんと、私の現在の職場(転職先)の会長さんが友人同士だったのです。
私がインターネットの求人サイトで今の職場の求人を発見して、他の求人と比較検討していた時に、何気なく妻に相談したんですね。
そうしたら、

「えっ、私その会社知ってる。少し前にうちの会社の会長のお使いで行ったことあるよ。」

と言ってきたのです。
私も驚きました。
そしてその後妻はこう続けたのです。

「その時の私に対する対応の仕方とか会社の雰囲気が凄く良くて、○○(←私の名前です)もここで働けたらいいのにと思ってたんだ。」

と。
妻には以前から転職の意志を伝えていましたのでそう思ったのでしょう。
そして妻が自分の会社の会長さんに、その会社の経営者の話とかを聞いてみてくれるという事でしたので任せてみる事にしました。
そうしたところ妻の職場の会長さんのご厚意で先方に話を通してくださり、面接を受けさせてもらう事になりました。
もちろんそれで優先的に採用というわけではなく、他の応募者と全て会ったうえで選考をさせてもらうという事を面接時には伝えられましたが、それは当然の事でしょう。
結果的にはめでたく内定を頂き、今現在頑張って仕事を覚えているところになります。

実はこのご縁にはまだ続きがあります。
妻の両親も昔何らかのご縁があって私の転職先の職場に関りがあったらしく知っていたという事なのです。
それには妻も驚いていました。
こんなにも芋づる式に次々とご縁が繋がるものなのかと不思議な感覚でした。


今回の件では本当に人の繋がりのありがたみが分かりました。
もちろん未来永劫ご縁が続くという保証はありませんので、今後いつまで仕事を続ける事が出来るのかは分かりませんが、末長く続けられればいいかなと今は思っています。


本日も最後までお読みいただき有難うございました。

人生初の沖縄旅行で心底思ったのは

どうも皆様こんにちは。

じつは先日沖縄の方に旅行に行ってまいりました。(* ´ ▽ ` *)
しかも人生初です!o(≧ω≦)o

ちなみに飛行機に乗るのも人生初だったりします。(^_^;)
飛行機、どうなる事かと思ったら、かえって車や電車よりも安全なんじゃないの?っていうくらい安定感があるのですね。
まぁ万が一の事があった場合は大惨事になりますから安全管理は徹底してくれているわけですよね。
あの広い大空の中を悠々と飛行する様は正に「空の旅」だなと思いました。
沖縄01
そんなこんなで沖縄に着いた時にまず感じたのは「暖かい」という事。(=∀=)
「それは当たり前だろ!」と言われてしまいますが、私も頭では常識のように沖縄は暖かいだろうと思っていましたし、天気予報の気温も見てましたからそれは分かってはいたのですが、やはり肌を通して五感で実体験をするというのは何事にも代えがたい経験になるのだと思いました。
沖縄に着いたのは12時頃でしたので余計関東地方と比べて気温差を感じましたね。
(あ、私は関東地方在住なので)
沖縄02
食べ物も美味しかったですよ。(*^_^*)
豚肉たっぷりのソーキそばも食べましたし、夜は居酒屋で泡盛も飲みました。
ミミガーもコリコリしててなかなか珍美味?でしたね。(;^ω^)
ちなみに「ミミガー」は豚さんの「お耳」です。
そして「ラフテー」と呼ばれる豚の三枚肉の角煮は肉好きならば病み付きになる事間違いなしですね!ヽ(´∀`)ノ
沖縄では豚肉はもとより豚足や「チラガー」と呼ばれる豚の顔など、豚を余す事無く食材として活用する文化を持っているようです。
シーサーほどでは無いですが豚の置き物などもあちこちに置かれてましたしね。(*´v`)
沖縄03
そして何といっても沖縄と言ったら「自然」でしょう!
沖縄04

特に海!!+゚。*(*´∀`*)*。゚+

この沖縄の海は今回の旅行で最も衝撃を受けたものです。
私は普段あまり旅行には行かないので海を見た場所や回数などたかが知れているのですが、それでもこれまでの人生で見たどの海よりも美しかったのは間違いありません。
沖縄05
まるで宝石が溶けて水になってしまったかのような透明感と煌めきは、別次元の世界に入り込んでしまったかのような錯覚を覚えるほどです。.゚+.(・∀・)゚+.
片っ端からすくって飲んでも体に悪いどころか健康になるんじゃないかと思えるくらいのキレイさでした。
沖縄05-2
沖縄06
このような美しい海と自然に囲まれて暮らしている沖縄の人たちは、やはり人柄も暖かい人が多いように感じられます。
そしてこの素晴らしい自然を心から愛している人が多いというのもうなずけます。

一方で沖縄の基地問題も目の当たりにしてきました。
基地の前で反対運動をしている大勢の人達とそれを制している警察の人達が並んでいたのが印象的で、車で前を通った際には緊張感がありました。

やはり平和。
平和が一番ですよ。


過去の戦争や紛争は現在そして未来の平和のための遺産として語り継ぐべきかもしれませんが、理想としては軍隊の基地や兵器などは無くても良くなるような世の中になってもらいたいものです。

というわけで様々な沖縄の顔を見てきたわけですが、「また行きたい。出来る事ならば別荘を買って住みたい。」などと思った次第です。(;^ω^)
そしてこの沖縄の素晴らしい自然と暮らしをいつまでも失わずにいて欲しいと心底願うばかりです。
沖縄07
本日も最後までお読みいただき有難うございました。

≪えっ?ダイエットに役立つ情報サイトがあるの?→気になる方はコチラ!

聖剣伝説2がリメイク!?『聖剣伝説2 SECRETofMANA』

seiken2.jpg
どうも皆様こんにちは。

実は最近知ったのですが、1993年にSFC版でリリースされていたあの「聖剣伝説2」がリメイクされ2018年の2月15日に「PS4」「PS VITA」「STEAM」向けとしてリリースされる予定なんですね。w(゚o゚)w

SFC版の聖剣伝説2は私もまだ体操服を着ていた時代に良くやりました。
当時としては美しいグラフィックで描かれたフィールドを縦横無尽に歩き回って、モンスターをビシバシ叩きながらシナリオを進めていくのは楽しかったですねぇ。o(^▽^)o
魔法のエフェクトもカッコ良かったですし、何よりも好きだったのは「武器パワー」を手に入れて武器がどんどんレベルアップしていく事。
武器の名前が変わって、色が変わって、どんどん強くなっていくのは純朴な少年の心に響くものがありましたねぇ。
今でも覚えている物では最強の槍の「ダイダロスの槍」とか、カッコ良くないですか?(-∀-)

その一方でバグも多かったですね…。
何だかいきなりキャラクターが勝手にすたすた歩いて行ったと思ったら、そのままイベントが進行しなくなって泣く泣くリセット…という事がありました。( ノД`)
まぁ当時としては斬新なゲームシステムだったと思いますので、制御が不安定だったのでしょう。
そしてそれから約25年を経て聖剣伝説2が蘇るんですね。

さて新作『聖剣伝説2 SECRETofMANA』はどうなんでしょうか。
開発画面を見ると「良い意味で」当時のテイストを醸し出しているなと感じますね。( ^ω^ )
seikenS-o-M01.jpg
SFC版を当時現役でプレイしていた人からすれば懐かしさと相まって感慨深さもひとしおでしょう。

さて、こんな素晴らしい作品を私が買うかと言ったら……どうでしょうね~。
やっぱり今はゲームにどっぷり浸かってられないですし、かと言ってあんまりチマチマやってても飽きてしまいそうですし。


う~ん、買わないかも…。(;^_^A


まぁ、何はともあれPS4などのハードウェアを買わないとですしねぇ。
あ、STEAMならインストールだけだ。(´・ω・`)
でもゲーム用PCじゃないし…。
どうしよっかな~。(>_<)

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

≪えっ?ダイエットに役立つ情報サイトがあるの?→気になる方はコチラ!

平凡マイクラーの創作物紹介~.03

どうも皆様こんにちは。

さぁ大変お待たせしました、大人気コーナーの「平凡マイクラーの創作物紹介」です~。



え、大人気ですよね?
違うんですか?
そうですか…。(´・ω・`)

はい、という事で今回は平凡マイクラーによる平凡マイクラーの為の平凡な創作物紹介になります。(*・`ω´・)ゞ
今回で3回目ですか。
いつまで続くのかなぁ。
最近マイクラご無沙汰なんですよねぇ。(;^_^A

前回は第1拠点の「家」の紹介をさせて頂きましたね。
今回も同じく第1拠点の創作物なのですが、
ガラスルーム01
何やら地下への怪しい入口がありますね…。
とりあえずここを入っていくと、

ガラスルーム02
はい、通路が奥へと伸びています。
そしてこの通路を更に奥へと進むと、

ガラスルーム03
何だか周りが青いですね~。
そうです、実はここは…

ガラスルーム04

「海の中」なんです!ヽ(≧∀≦)ノ

ガラスルーム05
水中に空間を作るにはどうすれば良いのかという事を考えながら練習がてら作りました。
で、折角だからちょっと不思議な空間にしたかったので周りをガラスブロックにして「ガラスルーム」を作ってみました。o(≧ω≦)o
…でも、やっぱりガラスのテクスチャーが邪魔でイマイチ透明感を味わえない感じですかね。
(^_^;)
向こう側にうっすらとシンボルツリーが見えているのですが、お気づきでしょうか?

地上から見るとこんな感じです。
ガラスルーム06
特に何かの役に立つわけでも無いですが、さり気なく面白い風景が出来ました。

さて、地上に戻ってきたところで続いては…、

第1牧場01
生垣に挟まれたこの通路。
この奥にあるものはというと、

第1牧場02

うん、まぁ牧場なんですけどね。(;^ω^)

第1牧場03
この牧場のポイントは、何と言っても周りが「葉っぱブロック」で囲まれている事ですかね。
向こうが透けているので夜になったらモンスターが見えるというのがスリルでした。

何となく適当に整地して動物を集めただけなんですが、それでも牧場としての機能は立派に果たしてくれましたよ。ヽ(´∀`)ノ

今回の創作物紹介は以上となりますが如何でしたか?
次回からは「第2拠点」の方をご紹介できるかと思います。
もし、気が向いたらご覧になって頂けると嬉しいです。(* ´ ▽ ` *)

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

≪えっ?ダイエットに役立つ情報サイトがあるの?→気になる方はコチラ!

Welcome

プロフィール

masapu~

Author:masapu~
当ブログでは主に「自動車」「ゲーム」「アニメ」「漫画」等の話題を取り上げていきたいと思っています。
お付き合い頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR